Google Webmaster Toolsでサイトを登録したら、ウイルス扱いになってしまった

今回はGoogle Webmaster Toolsのお話。
このサイトをWebmaster Toolsに登録しようとしたら、まさかのウイルスサイト扱いを受けてしまった…ということで、つらつらと書いていこうと思う。

Google Webmaster Toolsとは

LIG INCさんの記事を読むとわかるんだけど、ウェブマスターツールとはGoogleが公式に提供する無料のサイト改善ツールです。

私みたいなブログを使って収入を得ようとする「アフェリエイター」という人たちにとっては、神のようなツールなのかもしれません。

今回何故私がウェブマスターツールを使ったということなのですが、単純にこのブログをGoogleのサイトにインデックスしてほしかったんです。

このブログは昨日できたばかりなのでまだGoogleの検索エンジンにインデックス(登録)されていないんですよ…。

ということで、Googleの検索エンジンに登録していただくべくウェブマスターツールへ乗り込みました。

LIG INC様の記事はこちら:https://liginc.co.jp/web/seo/150243

オッケー!登録できたぜって思ったらまさかの…

とりあえずGoogleウェブマスターツールを使うには自分のサイトを登録する必要がありました。

ということで、早速登録をしてみました。ここまでは普通に…進んでいたのです。

よーし、早速設定だぁって画面を開いたら…、その瞬間「ナンダコレハアアアアアアアアア」って思う言葉が画面に現れたのでした。

ん、は?重大な問題….。

ちょっと言葉を失いましたね。とりあえず落ち着いてどんな問題が確認してみようかなってことで。

>>有害なコンテンツ<<

ファアアアアアアアアアアアアアアアア。笑えないです。

流石にこのままでは不味いので、早速ウェブで調べてみました。

一応解決。原因はなんなんだ?

Googleで色々と調べてみたのですが、意外とこの問題になられている方が多かったようなのです。

一言で表すならばこれは「誤検知」。

「人騒がせな野郎だぜっ」と言いたいのを抑え、というかそれ以上に安心しました。

時たまGoogleが定めているアルゴリズムに引っかかることがあり、それで誤検知が起きてしまうらしいです。

どうやら再審査を希望することができるようなので、早速書いてきました。

このフォームに書いてリクエストを送ればいいみたいです。

ということで今日、送ってみました。処理には最大72時間掛かるそうなので、まあ気長に待ちましょうかね。

まとめ

完璧なGoogle先生でも、ミスは犯すということです。

もし同じ問題に悩まれている方がおられましたら、再審査をリクエストしてみてください。

以上、ティップノート編集部 テックでした。

【追記】次の記事はこちら

Google Webmaster Toolsのその後(問題解決!)

ABOUTこの記事をかいた人

企業、個人事業主様向けのウェブサイト制作をしています。 趣味はサイト制作の他に、ジャンク品買い漁ってパソコン作るみたいな「THE 変人」みたいなひとです。 ゆる~く、見やすいサイトを作るのに日夜励んでいますので、よろしくおねがいします♪