【2017年最新版】WordPressサイトにプッシュ通知を導入する方法

Push(プッシュ)通知とは

最近話題のプッシュ通知。ブログ運営者の方にも、名前は聞いたことあるけど実際は何か分からないといった人が多いのではないでしょうか?

プッシュ通知とは、Webから直接自分のブログを購読してもらっているユーザーにお知らせを送ることのできる通知のことです。
これだけ聞いただけだと分からないと思うので、実際にプッシュ通知がどんなものかを画像でお見せしますね。

はい。これのことです。

これでイメージを掴めた人は多いのではないでしょうか?
それではこの通知を飛ばすための導入方法について解説していきたいと思います。

登録の手順は意外とかんたんでした♪

Push7のサイトに登録しよう

プッシュ通知を利用するには、Push7というサイトに登録する必要があります。
一応Push7では有料プランも存在しているのですが、大体は無料プランでどうにかなりますので、ご安心ください。

それでは早速登録していきましょう。
こちらのサイトにアクセスして、登録手続きをしましょう。

サイトにアクセスすると、色々出てくると思いますが、真っ先に右上の「新規登録」を押しましょう。

メールアドレスを入力する画面が出てくると思いますので、登録するメールアドレスを入力しましょう。
そうすると、以下のような仮登録のメールが届きます。

メールに記載されたURLをクリックすると、会員登録は完了となります。

ね?簡単でしょ?

Push7サイトのダッシュボードでゴニョゴニョする作業

次はサイトに設置するためのアプリケーションをウェブ上で作成していきます。

まずログイン後、以下のようなダッシュボードに飛ばされるかと思います。

私はすでに作ってしまったので、左上にティップノートというアプリケーションがあると思います。

まず初めての方は、左上にある「新規アプリケーション」をクリックして以下のような画面を開きましょう。

何やら難しそうな画面が出てきましたが大丈夫ですよ。一緒に進んでいきましょう。

アプリケーション名 識別名的なものなので、自分が分かれば問題なし!
URL プッシュ通知を設定するURLです。
このブログの場合は「https://tips.yokohama」ですね。
アイコン プッシュ通知に載るものです。
正方形なので、サイトのアイコンでも設置しておけばいいでしょう。
アプリケーションURL プッシュ通知を登録するときに飛ばされるURL。ブログ名を付けておけば妥当かな。

すべて記入したら送信を押しましょう。
無事、アプリケーションが作成されたはずですよ。

WordPress用のPush7プラグインを導入しよう!

次は作成したアプリケーションのコードを、該当のサイトに貼り付ける作業です。
が、WordPressをお使いのユーザーは朗報です。

プラグインで簡単にPush7を設置できます。

ということで、まずはプラグインを導入しましょう。

プラグインを追加から、検索窓に「Push7」を入力して検索してみましょう。
ヒットした一番最初のプラグインを、インストール >> 有効化してください。

有効化するとWordPressの左メニューから「設定 >> Push7設定」というページができていると思います。
早速クリックしてみましょう。

ということで、プラグインの導入は以上です。ね?WordPressはかんたんでしょう。

Push7プラグインの設定をしよう

Push7設定を開くと、こんな感じの画面が出るのではないでしょうか。

それでは最初に、アプリケーションキーとアプリケーションナンバーを取得する必要があります。

Push7ダッシュボードのサイトに戻ってください。

左メニューから、「自動送信」>> 「WordPress」に合わせてください。

そうすると、こんな感じでApp NumberとAPI Keyが書かれていると思いますのでコピーしてください。
コピー後、先程のPush7設定の空欄に両方共貼り付けてください。

これで基本的な導入は完了です。お疲れ様でした。

まとめ

Push7の導入お疲れ様でした。

思った以上にかんたんだったと思う人が多かったのではないでしょうか?

もし分からないことがありましたら、コメントよりお気軽にご相談ください!

ABOUTこの記事をかいた人

企業、個人事業主様向けのウェブサイト制作をしています。 趣味はサイト制作の他に、ジャンク品買い漁ってパソコン作るみたいな「THE 変人」みたいなひとです。 ゆる~く、見やすいサイトを作るのに日夜励んでいますので、よろしくおねがいします♪