新海誠作、映画「雲のむこう、約束の場所」をみてみて。

君の名は。のDVD&ブルーレイの発売記念で、新海誠監督の映画がTSUTAYAに並んでたので、そのうちの一つ「雲のむこう、約束の場所」を借りてみました。

新海誠さんといえば、君の名は。で大ヒットをしていたので、他の映画も面白いのかな?と思ったからです。

そして、早速鑑賞してみたので今回はその感想を述べたいなって思います。あくまで個人の感想なので、参考程度に見てみてくださいね。

また、本記事にはネタバレ要素が含まれます。視聴前のユーザー様は気分を悪くされないよう、ブラウザバックを推奨いたします。

あらすじ

この映画を知らない人のために、簡単にあらすじを説明したいと思います。ただ、設定が細かくて私の能力だとかんたんに説明できそうにもないので、Wikipediaさんから所々引用して説明したいと思います。

もうひとつの戦後の世界。

1996年、日本は南北に分断されていた。世界の半分を覆う共産国家群ユニオンはエゾ(北海道)を支配下に置き、島の中央にとほうもなく高い、純白の塔を建造しつつあった。しかしユニオンの意図は誰にもわからない。青森県の津軽半島に住む中学3年生の藤沢浩紀と白川拓也は異国の大地にそびえる塔にあこがれ、飛行機で国境の津軽海峡を越え、塔まで飛んで行く計画を立てていた。そのための飛行機ヴェラシーラも、山の上の廃駅の格納庫で製作が進んでいる。

この計画は他言無用とされていたが、浩紀が口を滑らせたせいで、クラスメイトの沢渡佐由理にばれてしまう。浩紀たちと佐由理は、「ヴェラシーラが完成したら佐由理を塔まで連れていく」と約束を交わす。ヴェラシーラが完成に近づくにつれ三人の仲も深まるが、佐由理はある日、塔の夢を見る。そして突然浩紀たちの前から姿を消す。佐由理をなくした浩紀たちはヴェラシーラの製作を止めてしまう。

3年後の1999年。つらい思い出から逃げるために青森を離れ、東京に出た浩紀は、たびたび佐由理の夢を見ていた。夢の中では、佐由理は見知らぬ、荒廃した世界にひとり取り残され、孤独に苛まれながら浩紀の名前を呼んでいる。しかし夢の傍観者にすぎない浩紀にはどうすることもできず、苦しむ。そんなある日、浩紀のもとに佐由理が三年前に書いた手紙が届く。佐由理は原因不明の眠り病にかかり、治療のために東京の病院に入院したという。浩紀は病院に駆けつけるが、佐由理は他の病院に転院した後だった。しかし浩紀は佐由理のいた病室で白昼夢に襲われ、夢の世界で佐由理と邂逅する。夢はすぐに消えてしまったが、浩紀は佐由理を救うには約束を果たさねばならないと悟る。

その後、拓也と浩紀は佐由理を救うべく、ヴェラシーラを飛ばしあの塔まで飛びだつのであった…。

Wikipedia参照

みてみた感想

この感想は、新海誠監督のヒット作「君の名は。」と比べちゃってます。許してください。

この映画は、同監督作の「君の名は。」のように登場人物が少ない(主人公は2人な為)ものではなく、比較的多くの人物が映画中に登場します。その関係で、筆者は映画の途中までストーリーや人物の名前、顔を覚えるのに苦労しました。

主人公は3人居るのですが、そのうち2人の拓也と浩紀に似ている部分があったり、途中で一気に3年後に変わってしまうので、「どっちが拓也?」と戸惑ってしまうことがありました。

ですので、息抜きや心を空にして見れるような映画ではなく、何かしら自分で頭の中を整理しながら見る必要があると感じた映画でした。

ストーリー自体は君の名は。に劣らずに素晴らしいものだと感じました。

序盤は「あぁ、こういう放課後の感じいいなぁ」とか、夢のまた夢といえる様な雰囲気の青春ドラマが描かれていていました。今ではあり得ない位の。

そして中盤から雰囲気がガラっと変わります。例えればエヴァンゲリオンのようなメカニックな感じです。

3年後の拓也と浩紀がメインで話が進められているのですが、その時自分は居場所が無くて孤独な人間。佐由理も病のせいで夢の中に一人ぼっち。同じ孤独もの同士が夢(正確には別次元だが)と現実で次元を超えてやり取りする。そこで、もう一度あの日の約束を果たそうと決意。

しかし彼女を救うと世界に危機が訪れるかもしれない。それとも彼は彼女と交わした約束を果たすために、今、3年前に3人で作っていた飛行機「ヴェラシーラ」に乗ってあの塔へ旅立つ。

うーん、すごいロマンチックですよね。青春感やばい。

ただ、先程も述べたように難解なところが多く、終盤も綾ふやな形で終わってしまうので、好き嫌いが別れてしまうと思います。

映像や声優の起用などは君の名は。に劣らなく良いものでしたが、唯一、ストーリーの難解さが私には気がかりでした。もう少し分かりやすくても良かったのかもしれません…。

君の名は。と似てるかも?

これはすごい感じました。君の名は。と所々似ている気がします。

もともと監督が同じなので、似てしまうところは仕方ない…、といったら仕方ないでしょう。映像中の主人公の動きや考え、振り付けなど、君の名は。でも見た気がするぞ…、と感じるものが多かったです。

君の名は。の土台には、この映画も含まれているのでしょうか。そう感じさせてくれるほど酷似していました。

まとめ

すごい雑な紹介ですみません。こういう映画を評価するような記事は書いたことがなく、なにげに4日もかかってしまいました…。

ストーリー性は深みがあって面白いですし、絵も綺麗に書かれているので私は好きな作品です。でも、世間の目から見ると少し辛口なレビューも多い気がします。

こういう映画系の記事って、画像を出せないから結構キツイんだよね。文章だけでごめんなさい。

ABOUTこの記事をかいた人

企業、個人事業主様向けのウェブサイト制作をしています。 趣味はサイト制作の他に、ジャンク品買い漁ってパソコン作るみたいな「THE 変人」みたいなひとです。 ゆる~く、見やすいサイトを作るのに日夜励んでいますので、よろしくおねがいします♪