EIVOTORのサウンドバースピーカーはスリムでとてもお洒落。

こんにちは。今日もティップノートに足を運んでいただき、ありがとうございます。よろしければ、他の記事も見ていってください。

今回は、EIVOTOR製のサウンドバースピーカーのご紹介です。横長でとってもスリム、しかも黒を貴重とした重厚感あるデザインですので、テレビの下のスペースなどに置くことができます。

音質も悪くなく、最大音量でも音が割れることはありません。

EIVOTOR様からサウンドバースピーカーをご提供頂きましたので、ご紹介いたします。

EIVOTOR サウンドバースピーカー

外装

画像出典:自社撮影

今回の商品ですが、箱があまりにもでか過ぎてうまく全体像を撮影できませんでした。箱の横幅は40-50cmぐらいあると思います。

箱自体のクオリティとしては、印字もしっかりとされておりとてもキレイ。日本語表記はされていませんが、それでもパッケージだけでどんな商品ナノ化を感じ取ることができます。

付属品

画像出典:自社撮影

付属品は至ってシンプルですね。取扱説明書はおもったよりも分厚かったです。日本語表記もありました。

  • スピーカー(本体)
  • 取扱説明書

本体

画像出典:自社撮影

このスピーカーですが、勿論ステレオ対応しています。その他、ヘッドフォン端子やマイク端子もついています。アンプも内蔵されているので、スピーカー本体のみで音量調節ができるのもポイントです。

マイクは外付けで取り付けることもできますが、スピーカー自体にも内蔵されているようです。しかし、音質はそこまで良いものではなかったです。

画像出典:自社撮影

スピーカー中央にはEIVOTORと書かれています。プラスティック製なので、割れそうですが、それでも遠くから見ると普通に高級感があります。

画像出典:自社撮影

スピーカーの右面にはこのように音量調節ボタンがあります。MINからMAXに上げることでスイッチがONになります。

MAXにすると結構大きい音が出るのですが、音割れはしませんでした。スイッチを入れると、このようにランプが点灯します。

画像出典:自社撮影

画像出典:自社撮影

背面にはマイク入力とヘッドフォン出力があります。背面なので、少し取扱にくいかもしれません。全面だと良かったですが、なにせスピーカー部分なので実装が難しかったのかな。

スペック

スピーカーの種類:マルチメディアアクティブスピーカー
入力電圧:DC5V
電源入力:標準USBプラグ
電源定格出力:10W
オーディオ入力:標準3.5mmオーディオジャック
マイク入力:標準3.5mmジャック
ヘッドフォン出力:標準3.5mmオーディオジャック
サウンドシステム:2.0ステレオ+反転システム
スピーカーユニット:2インチフルレンジスピーカーx2
ホーン抵抗:4オーム
出力電力:3W + 3W
周波数応答:80HZ-20KHZ
歪み:<0.1%(1K / 1W3.7)
信号対雑音比:> 75DB

使ってみて

良いと思う点

  • 音質は全然気になるほどではない。
  • 音量をMAXにすると結構大きな音が出る。
  • 横に長くてスリムなので、テレビの下にスペースなどに置けそう。
  • 類似商品と比べて値段が安い。のにコスパは高い。

改善すべき点

  • ヘッドフォン出力、マイク入力端子が後ろ側にあるので、少し取扱しにくいかも。

こんな人にオススメ!

  • 安くて高音質なスピーカーを探している方
  • ちょっとした隙間なのに入れたい方

まとめ

とにかくこのスピーカーの最大の利点はスマートで横長なところだと思います。値段も3000円ちょっとですので、お求めやすい価格帯です。

その他、作りがしっかりとしているので安心して利用できます。スピーカーの給電もUSB式ですので、パソコンなどへの接続も簡単に行なえます。

ABOUTこの記事をかいた人

企業、個人事業主様向けのウェブサイト制作をしています。 趣味はサイト制作の他に、ジャンク品買い漁ってパソコン作るみたいな「THE 変人」みたいなひとです。 ゆる~く、見やすいサイトを作るのに日夜励んでいますので、よろしくおねがいします♪