3000円で買えるゲーミングキーボード&マウスはどんなものなのか。

こんにちは。今日もティップノートに足を運んでいただき、ありがとうございます。よろしければ、他の記事も見ていってください。

今回は、IDEAPRO製のゲーミングキーボードとマウスがセットになっている商品のご紹介です。筆者は初めて光るキーボードを使いましたので、その感想も書きたいと思います。

光り物がお好きな方、高額なキーボードは購入できないという方にオススメです。

topworld様からゲーミングキーボードとマウスのセットをご提供頂きましたので、ご紹介いたします。

IDEAPRO ゲーミングキーボード&マウス

外装

画像出典:自社撮影

箱はしっかりとした作りで、横幅が結構長い印象を受けました。表面にはキーボードの画像と、対応OSなどが記載されています。

高級感を感じることができる箱でしたので、良いと思います。

付属品

画像出典:自社撮影

内容物としては下記のとおりです。このタイプはキーボードとマウスがセットに入っているようです。それでは細部も見ていきましょう。

  • 有線キーボード本体(US配列
  • 有線マウス

キーボード

画像出典:自社撮影

キーボードを拡大して写してみました。文字はTHEゲーミングといった感じで、少しカクっとしたフォントになっているのがわかります。

この文字自体が光ることはありません。ただ、光らせたときに少し光ってるのかな~程度です。

キーボード自体はメンブレン式だと思います。Amazonの販売ページに記載はありませんでしたので、定かではありません。

また、英語配列のため日本語で打つ場合はアンダーバーなどは「ろ」のキーが無いので打つことができません。そこは少し注意が必要です。完全ゲーミング用途でWASDしか使わない方にとっては支障はないかもしれません。

画像出典:自社撮影

光具合はこんな感じです。キーボードのキーで操作することで、色を変えることもできます。
しかしながら、自由な色に変えることはできませんでした。パターンから選んでくださいっていう感じです。

画像出典:自社撮影

キーボード上部の穴には、携帯を入れることができるそうです。私はあまり使いませんが。

HUAWEI nova liteで結構ギリギリな感じですので、5.5インチ以上の携帯はおそらく入りません。iPhone 7や8なら入ります。
iPhone Xは微妙ですね…。

マウス

画像出典:自社撮影

こちらがマウスになります。マウスも光るようになっているみたいです。しかしながら、少し安っぽさが見受けられます。銀色の部分はただのプラスティックなので、耐久性も難があるのかもしれません。

触り心地についてはいたって普通のマウスです。特に握りやすいなんてことはありません。こちらはおまけ程度ですかね…。

使ってみて

よいと思う点

  • とりあえずキーボードとマウスが発色するので、かっこいい。
  • 発色する色をキーボード上で変更できる。
  • 携帯電話を立てかけることができる。
  • なんか頑丈そう(マウスはすぐ壊れそうかな。)

改善すべき点

  • なんかマウスが安っぽい。
  • 全体的に私には打ちづらい。(あくまで個人的な感想です)

こんな人におススメ!

  • ゲーミングキーボードを試してみたい人
  • 安くてキーボードとマウスがついてくる商品を探している人

まとめ

英語配列のキーボードを使ったことがないせいか、すごい打ちづらく感じました。今、この記事を書くのにも使っていますが、いつもより誤字っています。

初めてゲーミングキーボードを触ってみる、初心者の方にはよいキーボードなのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

企業、個人事業主様向けのウェブサイト制作をしています。 趣味はサイト制作の他に、ジャンク品買い漁ってパソコン作るみたいな「THE 変人」みたいなひとです。 ゆる~く、見やすいサイトを作るのに日夜励んでいますので、よろしくおねがいします♪